ブランド米とは

よく読まれている人気のブランド米記事

スポンサードリンク

ブランド米は、市販されているお米の種類のことですが、品種、産地によって違った米をブレンドしているブレンド米と、ブレンドは一切しないでひとつの銘柄のみを入れているブランド米があるのが特徴です。

お米が日本に入ってきてから現在に至るまでに長い期間をかけて、何度も品種改良がされて来ました。その品種改良の結果、明治時代には日本の代表となる旭、そして亀の尾という名前のブランド米が誕生したのです。 それ以後現在までに300種類以上の品種の銘柄米(ブランド米)が出来上がりましたが、どれも最初のこの二つの流れは組む形です。

今ブランド米で人気があるコシヒカリですが、これも元々は、旭と亀の尾を元にして作られています ひとめぼれ、あきたこまちについても、コシヒカリが元になった品種で、きらら397といった品種もその先のいわばひ孫的な存在のお米です。

ブランド米には特徴がそれぞれにあるのですがコシヒカリは、粘りとツヤ、モチモチとした食感です。 ひとめぼれは粘りがとても強いのが特徴で冷めても固くならないのでおにぎりにも最適です。 あきたこまちも粘りやツヤ、食感などどのバランスをとってみてもいいのが特徴です。

このように、さまざまな特徴を持っているブランド米ですが、中には人気のブランド米だったササニシキのように病気に弱く今は生産量が減っている品種もあります。 ブランド米はおいしいですが、研ぎ方、保存方法を間違えれば味はもちろん落ちますので正しい研ぎ方と保存方法、そして炊き方でいただきましょう。


スポンサーリンク

カテゴリー: ブランド米とは | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--gdkza9cxb1510e.net/%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3%e3%81%a8%e3%81%af/%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3%e3%81%a8%e3%81%af/trackback/

ブランド米の上へ