北海道ブランド米 きらら397

よく読まれている人気のブランド米記事

スポンサードリンク

北海道米の「きらら397」は北海道ではとても有名なブランド米です。 北海道のお米といえばきらら397だと思っている人も多いのではないでしょうか。 これまで、北海道では美味しいお米は作られないと思われていたのですが、寒い北海道で「ななつぼし」と、「きらら397」はとても有名なブランド米として成長したのです。 きらら397は有名な牛丼チェーン店でも利用されるほど話題になったブランド米です。

きらら397は、あっさりしていて噛めば噛むほどに味が広がる美味しさです。 コシヒカリみたいに、強い粘りがないのが特徴ですが、水の量や炊き具合によってはおにぎりや丼ものでも、また固めに焼き飯、雑炊などにも良いと言われていることから、とても使いやすく、扱いやすい調理に向いているお米だとともいえます。

北海道米のきらら397は、とても珍しい名前がついていますが、平成元年にコシヒカリが元になっている品種改良のお米です。 一般公募できららと名前がつきましたが、きらきらと輝いている雪をイメージしているのでつやつやの白いご飯と連想させて名付けられ、また397という数字は、「上川農業試験場で作った第397番目の系統米」という番号をそのまま使われたようです。数字がお米のネーミングに入っているのは、お米の種類では現在約600種類以上あるのだそうです。

主に業務用として取り扱われているきらら397ではありますが、一般家庭でもこれから全国各地に広がると期待されているお米のひとつでもあり、各地で今後、取り扱い店舗が増えつつあるのでとても楽しみなブランド米のきらら397です。

 


スポンサーリンク

カテゴリー: ブランド米 種類 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--gdkza9cxb1510e.net/%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3-%e7%a8%ae%e9%a1%9e/%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3-%e3%81%8d%e3%82%89%e3%82%89397/trackback/

ブランド米の上へ