長崎県のブランド米 にこまる

よく読まれている人気のブランド米記事

スポンサードリンク

長崎県のブランド米「ながさきにこまる」は九州沖縄農業研究センターで育てられてから長崎県総合農林試験場でほかの県に先駆けて将来が有望な品種として定められて平成16年からは奨励品種ということで力を入れて栽培されてきました。 その後平成18年には新種のブランド米として発売され始めました。

田園

九州のブランド米「ヒノヒカリ」に代わりうる品種として開発された「にこまる」なのですが、そのヒノヒカリに勝る劣らずにとても味が美味しいお米であることも特徴ですが、その理由は粒がそろっていて、ふっくらと炊き上がっていてご飯の色もとても白くてツヤツヤであるからです。 粘り気もあってモチモチしている食感なので、食べているとお代わりしたいと言ってしまいそうになるほど美味しいお米です。

「にこまる」は見た目の生育の姿がとても女性らしくてやわらかいが、精米すると粒張りがよくて品質がいいといった見た目と精米後のギャップがあるのも特徴です。 特にお米料理としてお勧めのものはありませんが混ぜご飯などをこれで作ると最高に美味しいといわれています。

長崎のブランド米として新しく誕生した「にこまる」は、発売開始からわずか2年後の平成20年産で日本穀物協会主催の食味ランキングで最高ランクの特Aを獲得しました。そして今では九州地方全体をはじめ、四国、中国、近畿地方などに北上して普及し作付けされ、今後も西日本を中心に拡大していくと予想されています。


スポンサーリンク

カテゴリー: ブランド米 種類,全国のブランド米,特Aのブランド米 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--gdkza9cxb1510e.net/%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3-%e7%a8%ae%e9%a1%9e/%e9%95%b7%e5%b4%8e%e7%9c%8c%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3-%e3%81%ab%e3%81%93%e3%81%be%e3%82%8b/trackback/

ブランド米の上へ