北海道 ブランド米

よく読まれている人気のブランド米記事

スポンサードリンク

北海道のブランド米はきれいな水と空気の中で作られているのが特徴です。出荷量はそれほど全国的に見てもありませんが品質基準をしっかりと守って北海道のブランド米は作られています。

北海道のブランド米は?と聞けば、北海道以外の人はほとんどの人がきらら397と答えるのではないでしょうか。それほどきらら396は定着している北海道のブランド米のひとつではありますが、それを超えるあたらしいななつぼし、ゆめぴりかが北海道のブランド米として今、高く評価されているのです。収穫量で見ると、ななつぼしのほうがきらら397を上回っています。ななつぼしは北海道で今一番売れているお米でもあり、バランスもとても良くて、甘みや粘り気を求めている人にぴったりのお米です。すし飯やおにぎりにしても最適です。

そして北海道のブランド米として最近注目されているのがゆめぴりかですが、こちらは粘り気もあり、やわらかさもあり最高のバランスで和食にも洋食にも合う美味しさで作られています。そして定番のきらら307ですが、こちらは硬めのご飯が好きな人にぴったりのお米です。どんぶりはもちろんですが、チャーハンやカレーライスにしてもお勧めです。

これらが北海道を代表するブランド米ですが、それ以外にもふっくりんこといって道南から誕生したブランド米もあります。ふっくらとしていてやわらかくて、美味しさが長持ちするのが特徴です。八十九(おぼろづき)も粘り気があり美味しいと評判の北海道のブランド米です。

 


スポンサーリンク

カテゴリー: 全国のブランド米 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--gdkza9cxb1510e.net/%e5%85%a8%e5%9b%bd%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3/%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93-%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3/trackback/

ブランド米の上へ