東北のブランド米

よく読まれている人気のブランド米記事

スポンサードリンク

東北のブランド米といえば日本で有数のお米の産地が集まっている地域ですから、名前は聞いたことがあるとか、実際に食べたことがあるといった人も多いのではないでしょうか。ここでは、そんな東北のブランド米をご紹介したいと思います。

東北田園風景まず青森県では、24年度の食味ランキングでは「つがるロマン」がA、「まっしぐら」がA’を獲得しましたが、残念ながら最高ランクである特Aは輩出していません。

岩手県では、「おいにいり」、「いわてっこ」、「岩手68号」など岩手県の名前に由来したお米の他に「ササニシキ」や「トヨニシキ」など有名なブランド米が作られていますが、何と言っても特Aを獲得している「ひとめぼれ」が一番の人気です。24年の食味ランキングでは、「いわてっこ」と「あきたこまち」が、最高ランクから2つ下のランクである「A’」を獲得しました。

宮城県は日本で有数の米の産地だけのことはあり、ブランド米の種類も多いです、「かぐや姫」、「キヌヒカリ」、「ひとめぼれ」、「こいむすび」、「コシヒカリ」、「ササニシキ」などなんと24種類ものブランド米が作られているのです。その中で唯一特Aを獲得しているのは「ひとめぼれ」だけです。

山形県も日本で有数の米の産地で22種類の有名なブランド米を作っています。「LGCソフト」、「里のうた」、「さわのはな」、「スノーパール」、「どまんなか」、「花キラリ」、「はなの舞」、「まなむすめ」、「ミルキークイーン」などが山形県ならではのブランド米で、特Aの一番美味しいとされるランクのブランド米が、「コシヒカリ」、「はえぬき」、「つや姫」と3種も最高ランクに輝いています。

秋田県は、言わずと知れた「あきたこまち」。1984年に秋田県の奨励品種に採用されて以来、近県の岩手から九州地方まで広く栽培されるようになった品種ですが、元々は秋田県が独自の良食味品種を目指して開発したブランド米なので本場の産地だともいえますし、消費者も「あきたこまち」のすべてが、秋田県が産地と思っている人も少なからずいるポピュラーなお米ですね。

他にも東北地方では美味しいブランド米を作っていますし、新たな品種も発表されています。ブランド米は値段が高いと思われがちですが、東北地方のブランド米の中には安くて美味しいお米も沢山ありますので色々なお米を食べ比べてみるのもとても面白いと思います。また、ブランド米は、お米の磨ぎ方や焚き方にお水などにこだわると、とても美味しく食べられますので是非研究してみてください。


スポンサーリンク

カテゴリー: 全国のブランド米 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--gdkza9cxb1510e.net/%e5%85%a8%e5%9b%bd%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3/%e6%9d%b1%e5%8c%97%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3/trackback/

ブランド米の上へ