長崎のブランド米

よく読まれている人気のブランド米記事

スポンサードリンク

長崎のブランド米は色々な種類がありますが、平成24年から長崎の新しいブランド米として入ったのがながさき「つや姫」です。 コシヒカリを超える美味しさとして知られる品種なのですが、長崎県では特別栽培米という扱いで栽培されています。
粒ぞろいがとても良くて炊き上がりもとても白く炊き上がり、ツヤがあるのが特徴で、歯ごたえもしっかりとしていて、味わい深い美味しさです。 コシヒカリ以上の食味とされています。

「ながさき にこまる」も長崎のブランド米の1つです。 にこまるは美味しさの笑顔がこぼれる品種であると言われるぐらいの美味しさで、品種特性としては、粒張りのよさ、まるまるとした粒張りから名前がつけられました。美味しさ粒ぞろいが良くてふっくらとした炊き上がります。 平成18年発売された比較的新しいブランド米ですが、発売以後、米の食味ランキングにて特Aランクを連続取得しており、今後ますます人気が高まる品種と予想されます。

長崎ブランド米の1つ、「ながさき  コシヒカリ」は、 県央・県北・五島・壱岐を中心に栽培されており、 コシヒカリの本場の寒い地域である東北地方などの コシヒカリとは対照的に、温暖な気候で育てられたお米ですが、食感は甘みとモチモチ感があり美味しいと評判です。長崎県内で一番早い早場米として、8月中旬頃から新米として出荷されます。

「ながさきヒノヒカリ」は、10月下旬ごろから新米として出回るブランド米ですが、生産量は長崎県内で1位とあり、長崎県下全域で栽培されていることから、比較的栽培しやすいとうかがえますが、ヒノヒカリはコシヒカリの品種改良なので、コシヒカリの美味しさに似ていますが、コシヒカリより安価に抑えれることで人気が高くなっているようです。九州地方では常用米としての多くの家庭で食べられているブランド米です。

長崎県を代表するブランド米は上記の4つが代表的ですが、どれもとても美味しくて味がいいことから人気があるお米として知られています。 長崎県のブランド米は全国的にはあまり知られていないかもしれませんが全国有数の米の産地でもあるのです。 特に「ながさき にこまる」は特Aランクを獲得しているお米だけにこれからも注目されるブランド米です。

 

 


スポンサーリンク

カテゴリー: 全国のブランド米 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--gdkza9cxb1510e.net/%e5%85%a8%e5%9b%bd%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3/%e9%95%b7%e5%b4%8e%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3/trackback/

ブランド米の上へ