新米 25年産価格

よく読まれている人気のブランド米記事

スポンサードリンク

お米の流通・価格・相場に関する日本のコメ市場の情報を提供している民間調査会社「米穀データバンク」が、25年産米の収穫量を「平年並み」と予想していましたが、それ以上に25年産米の収穫量は全国的に良い傾向のようなので、ブランド米の新米の販売価格も安値傾向のムードがあるようです。現在のところ宮崎県産などの早場米が「約20%減」で推移しているようなので、今後他の25年産米の価格もそれ並みか、それ以上に安値になりうる事も有り得ます。

米の収穫

平成23年3月11日に起きた東日本大震災以後、米の品薄を見越しての高値が続いていた23年、24年産米でしたが、結局は高値による米の販売不振となり226万トンの民間流通在庫を抱えることになったようです。そして平成25年産の新米が良い収穫量となったことで、全体的に米の下落に繋がっているとのことです。

前記したように米の民間流通在庫を多く抱えているため、11月頃には古米となってしまう前年米が特に9月、10月に掛けて下落する傾向があるため、消費者にとっても25年産の新米が出回る前にお得に24年産米のブランド米を購入出来るチャンスですし、25年産米も前年より安価な価格で店頭に並ぶことが期待出来るようですので、今後は24年産米と25年産米両方を見比べて上手く購入出来るかで家計に大きな差をもたらすでしょう!


スポンサーリンク

カテゴリー: 新米 25年産 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--gdkza9cxb1510e.net/%e6%96%b0%e7%b1%b3-25%e5%b9%b4%e7%94%a3/%e6%96%b0%e7%b1%b3-25%e5%b9%b4%e7%94%a3%e4%be%a1%e6%a0%bc/trackback/

ブランド米の上へ