山口県のブランド米 きぬむすめ

よく読まれている人気のブランド米記事

スポンサードリンク

お米のおいしさを評価するという検定が一年に一度、外観、香り、味、粘り、硬さ、総合評価の6項目によって評価を行い、その評価からお米のランクを決定するというもので、一般財団法人 日本穀物協会が主催しているこの検定であるお米の食味ランキングで、平成27年産米については、139産地品種のうち46点のお米が最高ランクの特Aに選ばれましたが、その46点の特Aのうちのひとつの銘柄が、山口県産のブランド米である「きぬむすめ」でした。

鳥取県産としての「きぬむすめ」は、平成25年~27年と連続して特Aを獲得していますが、山口県産の「きぬむすめ」が、特Aを獲得したのは初めてであり、また「27年産米食味ランキング」で、山口県産米初の最高ランクのお米になったのです。山口県産の一番最初の最高ランク特Aが「きぬむすめ」だということですね。

田園

元々のお米の品種である「きぬむすめ」は国の機関である九州沖縄農研センターが育成したお米であり、特に関東・東海・近畿・中国・四国などの地域に地球温暖化による高温化に強いお米を普及させる目的で開発されたのが始まりで、山口県においては、平成21年に「きぬむすめを普及すべき優良な品種として奨励品種に採用」となり、多くの「きぬむすめ」を栽培されるようになったということです。

「きぬむすめ」は、育成された目的通りに高温に強くて、最近の暑さが際立つ気候にも栽培がしやすいことが農家の方からみた栽培する上での大きな特徴で、また味や見栄えとしては、炊きあがったお米は白くてツヤツヤとして、程よい甘さと粘りが特徴だとされています。


スポンサーリンク

カテゴリー: おいしいブランド米,ブランド米 一覧,新興ブランド米,特Aのブランド米,美味しいお米 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--gdkza9cxb1510e.net/%e7%89%b9a%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3/%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e7%9c%8c%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3-%e3%81%8d%e3%81%ac%e3%82%80%e3%81%99%e3%82%81/trackback/

ブランド米の上へ