熊本のお米 森のくまさん

よく読まれている人気のブランド米記事

スポンサードリンク

「森のくまさん」 は熊本県産のお米ですが、米の食味ランキングで、平成22年から連続で最高ランクの特Aを獲得している、味もつやも香りも3拍子そろっているブランド米ですが、まだ新しい品種にもかかわらず、平成24年産のコメの格付けをする日本穀物検定協会の食味ランキングで何と「日本で一番美味しいお米」に選出されました。九州地方は温暖な気候なので美味しいお米が育てられないと言われてきましたが、色、ツヤ、見た目、味も抜群だったと評価されました。

熊本県の農林水産省が推薦しているお米でもあり、粒がそろっていますし、白く透き通っているのが特徴のお米です。 自然の恵みを利用したとても美味しいお米で、平成元年から8年もの時間をかけて熊本県農業研究センターで開発を続けられたのですが、コシヒカリとヒノヒカリから品種改良されてます。 とても粘りけがあって、美味しくて、期待されていた新しい品種なので今後、ますます九州地方、熊本産のお米に目が離せませんね。

ところで、なぜ「森のくまさん」という名前がついたのか、それは文豪、夏目漱石が緑豊かな熊本を「森の都熊本」と綴ったことに由来しているようで、「森の都、熊本のお米」ということで「森のくまさん」と名付けられたのだそうです。

コシヒカリ、そしてヒノヒカリのどちらのいいところも受け継いでいるお米であることから味はとても美味しく粘り気があることもあり、おにぎりにしても最高に美味しいでしょう。 冷めたとしても味は変わらないのでおにぎりだけでなく、お弁当に入れるのも良いですね。 とにかく冷めても美味しいので、炊き立てはもちろん美味しいのは当たり前なのですが、冷めて朝作ったお弁当を食べるときでも味は落ちていないので美味しく食べることができます。

食味ランキングで日本一の美味しさに太鼓判を押された「森のくまさん」ではありますが、現時点ではまだまだ知名度が低くく、ブランド名も名が通っていませんが、価格帯も「新潟産コシヒカリ」より安価なので、他のブランド米の脅威な米になったワケなので、温暖化の観点からみても日本のお米の向上のためにも、切磋琢磨され目標とされるお米になって行くことでしょう。そして間違いなく各家庭の食卓へと浸透して行くことになるのではないでしょうか

 

 


スポンサーリンク

カテゴリー: 全国のブランド米,特Aのブランド米 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--gdkza9cxb1510e.net/%e7%89%b9a%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3/%e7%86%8a%e6%9c%ac%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%b1%b3-%e6%a3%ae%e3%81%ae%e3%81%8f%e3%81%be%e3%81%95%e3%82%93/trackback/

ブランド米の上へ