青森のブランド米 青天の霹靂

よく読まれている人気のブランド米記事

スポンサードリンク

外観、香り、味、粘り、硬さ、総合評価の6項目によって評価を行っている食味ランキングという一般財団法人 日本穀物協会が主催しているお米のおいしさを評価する検定が一年に一度行われています。この検定に出品して一番最高ランクの特Aを取得することが、ステイタスであり、勲章であり、おいしいお米と認められたということになり、日本全国の主だった銘柄米、ブランド米の多くが参加していますが、永きにおいて一度もその最高ランクの特Aを獲得していない県である青森県の銘柄米「青天の霹靂」が、平成27年の食味ランキングにおいて、青森県初の特A受賞米となりました。

お米の名前が「青天の霹靂」。名前こそが、青天の霹靂なのですが、鮮烈な存在を目指しての名づけられました。またコメ袋などに描かれている図案は、空がパカッと割けて「青天の霹靂」が飛び出して来た様子を表しているそうです。

➡コチラはamazonで販売されている青天の霹靂 

青天

「青天の霹靂」は、土地の気候である低温の問題と闘いながら、永い永い年月を掛けて、「青天の霹靂」の親やまたその親からの改良につぐ改良から、永い歴史は始まっているといいます。そんな気が遠くなるような時間を掛けての改良の積み重ねの中で生まれたのが「青天の霹靂」という青森県が自信を持って作り出した銘柄米なのです。その「青天の霹靂」の特徴は、ふっくらして適度な粘りと光沢を備えたおいしいお米ということで、粘りとキレのバランスがある新しい食感のあり、上品な甘みが口に広がると言われています。

そもそも青天の霹靂の意味は辞書によると、「青く晴れ渡った空に突然激しい雷鳴が起こることから、予期しない突発的な事件が起こることをいう。」とありますが、それまで何もなく正常であったのに急に予想もつかない事態になるということなのでしょう。とすれば、青森県産のブランド米である「青天の霹靂」は今までにない予想も出来ないお米であると期待が膨らみますね。

「青天の霹靂」は平成27年の食味ランキングで最高ランクの特Aを獲得後、平成28年産の新米が10月に発売したのが、販売された最初なのでまだまだ知名度も低く、世に知られていないブランド米ですが、多くの人に食され、お米の「青天の霹靂」と実感され、「青天の霹靂」と言えば、青森県のお米であると認識される日もそんなに遠くはないでしょう。

 


スポンサーリンク

カテゴリー: おいしいブランド米,ブランド米 一覧,全国のブランド米,新興ブランド米,特Aのブランド米,美味しいお米 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://xn--gdkza9cxb1510e.net/%e7%89%b9a%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3/%e9%9d%92%e6%a3%ae%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b1%b3-%e9%9d%92%e5%a4%a9%e3%81%ae%e9%9c%b9%e9%9d%82/trackback/

ブランド米の上へ